確定申告の時期に備える。あなたは申告が必要な人?確定申告の条件


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

確定申告,時期
今年も確定申告が近づいてきました。

あなたは確定申告をする必要がある人ですか

「確定申告」には、「する必要がある人」と「ない人」がいます。

そこで「確定申告する必要がある人の要件」を簡単にまとめました。
是非参考にしてください。

1.所得が38万円を超える方

所得とは、稼いだ金額から「費用」を引いた金額のことです。
この所得が、38万円を超えるのであれば、確定申告する必要があります。
多くの個人事業主の方があてはまるのがこの条件だと思います。

例えば、飲食店をやっていたとして、
「売上」から「材料費」を引いた金額が38万円を超えるのであればこの条件にあてはまるので、
確定申告する必要があります。

2.給与の収入金額が2000万円を超える方

給与が2000万円を超える方は確定申告の必要があります。

3.給与をもらっており、かつ給与以外の所得の合計が20万円を超える方

給与以外の所得には、利子所得、配当所得、事業所得、不動産所得などがあります。

4.給与を2ヶ所以上から受けており、その収入と各種所得の合計が20万円を超える方

各種所得の詳細はこちら

5.同族会社の役員や親族で、その同族会社から給与の他、店舗などの不動産の使用料などの支払いを受けた方

以上の5つが主な確定申告が必要な人の条件になります。
ほとんどの方がこちらの条件でカバーされると思いますが、
細かい条件については、こちらのページを参照ください。

確定申告の条件に当てはまった場合(確定申告の時期)

確定申告の条件にあてはまった場合、
2月16〜3月15日の間に、昨年の1月から12月の1年間の儲けをまとめた確定申告書を税務署に提出します。

もしあなたが自営業を営んでおり、「確定申告が必要な人」にあてはまるようであれば
早めに個人事業主の準備をして、申告に備えましょう。

————————————————————————————————————-
このブログは、全自動のクラウド型会計ソフト「freee(フリー)」が運営しています。
logo


Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

経営ハッカーが運営するFacebookページでは、クラウドでいかに経営を効率するかなど経営に関するコンテンツや会計・経理に関するコンテンツを配信しています。「いいね!」を押して頂くと、Facebookのニュースフィード上でコンテンツの更新情報をご覧頂けます。

Comments are closed.

全自動のクラウド型会計ソフト「freee」が運営しています。

freee logo

当ブログは、フリーランス・中小企業経営者の方々への会計・経理に関する概要の御紹介を目的としています。実際の申告の際には、細かな適用要件などが関係してくる場合がございますので、個々の事例に関する御相談は、税理士または税務署にお問い合わせ下さい。 また、当ブログの情報は、”経営ハッカー”編集部が信頼できると判断した情報源から入手した情報に基いていますが、内容の完全性について保証するものではありません。