生命保険の保険金を受け取った場合の医療費控除 | 確定申告の基礎知識

medical
確定申告のときに、適用される方が多い医療費控除ですが、大きな病気や怪我の場合、生命保険などの保険金を受取って医療費に充当したということもあるかと思います。そのような場合、医療費控除はどのようになるのでしょうか。今回は生命保険の保険金を受け取った場合の医療費控除について紹介します。

クラウド確定申告ソフト今すぐ使える
ダウンロードページはこちら

1)医療費控除についておさらい

まずは医療費控除についておさらいしていきましょう。医療費控除は所得控除であり、自分の所得から控除することができる控除の一つとなります。適用範囲は確定申告をする本人と、本人と生計を一にする配偶者などであり、簡単に言うと家族の医療費も含まれることには注意しましょう。

2)保険金を受け取った場合の医療費控除はどうなるのか

保険金を受け取った場合の医療費控除は、医療費がそのまま控除されるわけではありません。医療費から生命保険で得た保険料の引いた金額から控除が計算されます。

医療費は10万円から適用されると認識している方は多いかもしれませんが、生命保険で得た保険金を差し引いて10万円を超えない場合で所得が一定以上ある場合は医療費控除が適用されない場合もありますので注意が必要です。

3)保険金を受け取って医療費控除も受けられる場合もある

逆に言うと、生命保険で保険金を受け取っていても、医療費控除が受けられないというわけではありません。確定申告を行えば、保険金にプラスして医療費控除を受けられる場合があるのには注意が必要だと言えるでしょう。

まとめ

医療費控除は受けられる人が多いのに意外と適用を忘れてしまいがちな控除の一つとなります。医療費控除では、病院の領収書の保存が必要となります。医療費控除を理解して、確定申告を有効に活用しましょう。

*経営ハッカーでは書き手を募集しています。

経理・決算、税金の基礎についてもっと詳しく知るには

経理や決算、税金の計算は、会社を設立した以上避けては通れないもの。何から始めていいかもわからないという方は、まずはその全体像を掴みましょう。
このガイドでは初めて経理や決算を行うという方を対象に、その入門となる知識をご紹介します。経理や決算にどんな作業が必要で、税金とは具体的に何を指すのか。
このガイドでスムーズに経理業務をスタートしていただければ幸いです。

ebook_keiri_cover-small

目次

  1. 会社の経理を始めるために
  2. 法人の決算に必要なものまとめ
  3. 貸借対照表で会社の資産状況を把握しよう
  4. 損益計算書で会社の利益を把握しよう
  5. 法人のための税申告・納付まとめ
  6. 法人にかかる税金は9種類もある
  7. 税金を滞納したら、どんな罰則がある?
  8. 法人のための節約のコツ
無料でダウンロード
無料でダウンロード