確定申告の前半戦が終了、知っておくと少し得するトピックを紹介

kakuteishinkoku
2016年の確定申告も、半分が経過しました。2月のうちに確定申告を済ませている人も多いと思いますが、3月に入ってやっと確定申告にとりかかるという方も少なくはないでしょう。今回は、確定申告で少し得するかもしれないトピックを紹介していきます。

ダウンロードページはこちら
クラウド確定申告ソフト今すぐ使える

確定申告の期日はいつまで?

2016年の確定申告ですが、2月15日から3月15日までの期間となっております。ですから、これから準備を始めるという方は残り2週間程度で全ての書類を完成させなければなりません。早めに対応できるようにしておくことも重要ですが、今から確定申告の準備を始めるという人は急がないと間に合わないかもしれません。

確定申告を早く終わらせる・提出を間に合わせるために使える技

確定申告をする時間がないという場合は、早く終わらせるもしくは提出を間に合わせるために様々な手法を用いることが重要になってきます。1つは、提出を郵送にすること。郵送の場合、締め切りは3月15日の消印までとなっていますので、24時間開いている郵便局でしたら税務署に言って申告するよりも少し時間に余裕が出ます。

間に合わなそうだという場合に早めに丸投げしてしまうというのも、手の1つではあります。少し料金を取られてしまいますが、無申告によるペナルティを考えると、丸投げでも申告を済ませてしまった方がいいでしょう。また、申告だけ済ませてしまい、あとで申告そのものを修正するという手もあります。いずれも声を大にしておすすめはできない内容ですが、確定申告が間に合わないという場合は考えてもいいのではないでしょうか。

税務署が空いている時間帯とは

3月の締め切りが近づくと、税務署の混雑もより激しくなります。税務署が比較的空いているのはいつなのでしょうか。空いている曜日としては、水曜日や木曜日が人が比較的少ないというデータがあるようです。また、開庁してすぐやお昼時などは仕事をしている人のタイムゾーンの関係から混雑が激しくなります。お昼前や夕方などは比較的混雑も少なく、申告をスムーズに行うことができるでしょう。

まとめ

確定申告シーズンも後半戦となり、準備に追われている人も多いのではないでしょうか? 毎年申告のたびに時間に追われているという人は、毎月単位でしっかりと会計を見なおしてみるとよいのではないでしょうか。

*経営ハッカーでは書き手を募集しています。

経理・決算、税金の基礎についてもっと詳しく知るには

経理や決算、税金の計算は、会社を設立した以上避けては通れないもの。何から始めていいかもわからないという方は、まずはその全体像を掴みましょう。
このガイドでは初めて経理や決算を行うという方を対象に、その入門となる知識をご紹介します。経理や決算にどんな作業が必要で、税金とは具体的に何を指すのか。
このガイドでスムーズに経理業務をスタートしていただければ幸いです。

ebook_keiri_cover-small

目次

  1. 会社の経理を始めるために
  2. 法人の決算に必要なものまとめ
  3. 貸借対照表で会社の資産状況を把握しよう
  4. 損益計算書で会社の利益を把握しよう
  5. 法人のための税申告・納付まとめ
  6. 法人にかかる税金は9種類もある
  7. 税金を滞納したら、どんな罰則がある?
  8. 法人のための節約のコツ
無料でダウンロード
無料でダウンロード