診断書の文書料は医療費控除の対象になるのか? | 確定申告の基礎知識

doctor
病院で手術をした場合、保険の申告や会社への報告のために診断書などを医師に書いてもらうことがあるかと思います。そういったとき、文書料としていくらか料金が取られることがあるかと思いますが、この料金に関しては医療費控除の適用対象となるのでしょうか? 今回は、診断書の文書料が医療費控除の対象になるのかについて説明します。

ダウンロードページはこちら
クラウド確定申告ソフト今すぐ使える

診断書の種類

まず病院で発行してもらうことがある診断書について見ていきましょう。生命保険診断書などは、保険金の受領で必要なためよく利用されることがあります。その他、健康診断をなんらかの理由で受けられなかった場合の健康診断の証明書など、必要となるケースは以外と多いです。

これらの診断書は、発行に5000円前後かかることもあり、診断書の発行は大きな負担になることがあります。

医療費控除の対象に診断書は含まれるのか?

医療費控除の対象に上記のような診断書が含まれるのか、という話ですが、診断書に関しては医療費控除の適用範囲外となります。ですから、多くのケースでは診断書の発行料や執筆代は医療費控除の対象外となってしまいます。

文書料に医療費控除が適用される場合も

一方、医療費控除の対象に含まれる文書料もあります。それは、普段かかっている病院から別の病院で診察を受けるように勧められた場合の紹介状の手数料です。こちらに関しては、それそのものが医療行為の一環として認められるケースになるため、医療費控除の対象となります。

もし判断に迷った場合は一度税務署などに相談の上、医療費控除の計算をしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

一部の場合を除いて、文書料は医療費控除には含まれないことがわかりました。高額であり、大きな負担となりますが、医療費控除の対象にはならないということを念頭においておくと、いざというときに役に立つかもしれません。

経理・決算、税金の基礎についてもっと詳しく知るには

経理や決算、税金の計算は、会社を設立した以上避けては通れないもの。何から始めていいかもわからないという方は、まずはその全体像を掴みましょう。
このガイドでは初めて経理や決算を行うという方を対象に、その入門となる知識をご紹介します。経理や決算にどんな作業が必要で、税金とは具体的に何を指すのか。
このガイドでスムーズに経理業務をスタートしていただければ幸いです。

ebook_keiri_cover-small

目次

  1. 会社の経理を始めるために
  2. 法人の決算に必要なものまとめ
  3. 貸借対照表で会社の資産状況を把握しよう
  4. 損益計算書で会社の利益を把握しよう
  5. 法人のための税申告・納付まとめ
  6. 法人にかかる税金は9種類もある
  7. 税金を滞納したら、どんな罰則がある?
  8. 法人のための節約のコツ
無料でダウンロード
無料でダウンロード