登記完了

受付時は、個人の実印と会社の代表印を一部間違えてしまった(資本金の払込証明書に実印を押したのに、払込証明書の添付資料(残高証明)に代表印を押してしまった)ので、後日印鑑を持ってくるように指摘されただけだったが、その後法務局から電話があり、なんとも残高証明に不備があるとのこと。この残高証明、新生銀行のオンライン口座から入出金明細をプリントアウトして添付したのだが、このページから口座名義がわからないということで、それがわかるようにプリントアウトして提出するようにと言われる。少なくとも、口座番号くらいは入っていると思ったので、口座番号と名前が書いてあるキャッシュカードのコピーを持参すればよいかと聞くと、それでも大丈夫ということなので、キャッシュカードのコピーを持参。ところが、法務局にそのコピーを持っていったところ、キャッシュカードの番号と、プリントアウトした入出金明細の口座番号が違うという指摘を受ける。。。確かに違う。

再度帰宅して(よかった法務局が近くで。。。)、新生銀行の口座を確認すると、オンライン口座では、口座が更に細かくわかれていて、取引口・取引口番号というかたちで管理されていて、ひとつの口座番号に関して、通貨別で複数の取引口番号が紐付いていた。そして、入出金明細と一緒に表示される番号は口座番号ではなく、取引口番号なので、キャシュカードの番号とは違うようだ。

なので、すぐに新生銀行のコールセンターに電話し、口座番号または名前と入出金明細を同時にプリント可能か聞いてみると、「できない」と言われる。ふむ、銀行業は認可を受けてこそできる業態なのだから、このような行政の要求をみたせないなんておかしな話だ。という、話をすると、すぐに上司とおもわれる方から折り返しの電話をいただき、それ自体はありがたかったが、結局、ニーズにあった対応はいただけなさそうだとわかる。

なので、口座番号と取引口番号が合わせて表示されているページをプリントアウト。
・キャッシュカード(口座番号と名前)
・口座番号と取引口番号のページ
・入出金明細のページ(取引口番号のみ)
の3点を持って、再度法務局を訪問。これ以上は用意できないということで交渉してみる。真摯に状況説明をしたことが功を奏したか、なんとか受理される。

というストーリーが挟まったものの、なんとか登記完了。登記が完了すると、さらに次のステップがあるようです。