freee利用料を支払ったときの勘定科目は?

勘定科目

freee利用料を支払ったときは「通信費」になる

freee利用料の支払いは、データのやり取りの意味合いが強いため、通信費になります。 ただし、freee利用料以外にも、WEB上でシステムを利用する手数料などは支払手数料で処理する場合もあります。 また、少額の場合には、雑費で処理する場合もあります。