娯楽施設利用税を支払ったときの勘定科目は?

勘定科目

娯楽施設利用税(ゴルフ場利用税)を支払ったときは「租税公課」になる

娯楽施設利用税(ごらくしせつりようぜい)は、かつて、娯楽施設の利用に対し課されていた地方税です。 1989年の消費税導入を契機に、ゴルフ場以外の施設については税率も低く、 また、消費行為の多様化により課税される施設と課税されない施設の間に不均衡もあるとの理由から、 課税対象をゴルフ場に限定し、ゴルフ場利用税と改称され現在も存続しています。

娯楽施設利用税(ゴルフ利用税)は領収証に記載されているので、見落とさないようにしましょう。