飛行機代を支払ったときの勘定科目は?

勘定科目

飛行機代を支払ったときは「旅費交通費」になる

出張など飛行機代の支払いは、旅費交通費になります。

飛行機代は金額が大きいため、頻繁に利用する場合などは個人で予約するのではなく、 会社でまとめて予約するなど、なるべく個人に負担をかけないようなルールを作りましょう。

宿泊パックなど、旅行会社などによっては格安に予約できる場合もあります。 予約変更ができない、早期に予約をするなどの一定の条件がありますが、利用できるかどうか検討してみましょう。