事業税を支払ったときの勘定科目は?

勘定科目

事業税を支払ったときは「租税公課」になる

事業税は、都道府県が事業を行うものの所得金額又は収入金額等に対して課税されるものです。 また、資本金の額又は出資金の額が1億円を超える普通法人に対しては、 原則として、外形標準課税制度が適用されます。