入湯税を支払ったときの勘定科目は?

勘定科目

温泉の入湯税を支払ったときは「租税公課」になる

入湯税とは、温泉の入湯客に課される市町村税です。 宿泊、日帰りを問わず、温泉を利用すれと課税されます。

入湯客1人1日につき、標準で150円程度を温浴施設が市町村に代わって徴収し、 自治体に納めるようになっています。 多くの場合、入浴料に入湯税が含まれています。

入湯税は領収証に記載されているので、見落とさないようにしましょう。 この入湯税は、「租税公課」に分類されます。