収入印紙を支払ったときの勘定科目は?

勘定科目

収入印紙や登記印紙を支払ったときは「租税公課」になる

収入印紙や登記印紙の支払いは、租税公課になります。

収入印紙とは、印紙税という税金です。 印紙税が課税されるのは、印紙税法で定められた契約書や領収証などの課税文書と呼ばれるものです。 印紙税は、課税文書を作成した人が、定められた金額の収入印紙(印紙)を文書に貼り付け、 これに消印をすることで納付したことになります。

仮に、課税文書に収入印紙を貼らなかったり、割り印をしなかったとしても、 課税文書(契約書等)の効力は変わりません。