慶弔費を支払ったときの勘定科目は?

勘定科目

慶弔費を支払ったときは「福利厚生費」になる

従業員や役員などのために支払う、お祝いや不幸などに要する費用のことをいい、 祝い金(結婚祝、出産祝)、見舞金、香典等の慶弔金、祝品、花輪の費用などが該当します。 「社会通念上相当と認められるもの」以上の金額であれば、従業員が給与課税されます。

支払の相手方が社外の者(取引先の従業員など)であれば交際費で処理します。