コンピュータプログラムを支払ったときの勘定科目は?

勘定科目

コンピュータプログラムを支払ったときは「消耗品費」になる

コンピュータプログラムやシステムなどの支払いは、消耗品費になります。 金額が大きく資産計上が必要な場合は、ソフトウェアで処理します。