預り金 | 従業員が負担すべき社会保険料の勘定科目とは

勘定科目

従業員が負担すべき社会保険料は「預り金」になる

厚生年金や健康保険など従業員が負担すべき社会保険料は、預り金になります。 会社が負担すべき部分は、法定福利費で処理します。 厚生年金や健康保険は会社と従業員で折半、雇用保険は会社が全額負担となります。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。