現金 | 金庫やレジ金などの勘定科目とは

勘定科目

金庫内のお金やレジ金などは「現金」になる

金庫内やレジのお金などは、現金になります。 一般的には、盗難や紛失のおそれがあるため、会社では必要最低限の現金を保管して、支払は振込などで行います。 しかし、日常的な少額の支払いのため、ある程度の現金は手元に置いておく必要もあります。 そのため、少額資金を現金勘定とは区別して小口現金を使う場合もあります。 実際の会計業務で、使用する頻度は高めです。

よくある現金一覧

  • 金庫内の現金(小口現金)
  • レジ金
  • 郵便小為替 など