現金過不足金 | 現金の残高が合わない場合の一時的な勘定科目とは

勘定科目

現金が合わない場合の一時的な勘定科目は「現金過不足」になる

金庫などの現金が合わない場合は一時的に現金過不足で処理します。 決算までに原因が判明した場合には、現金過不足勘定から正しい処理科目へと振り替え処理を行います。 原因が判明しない場合には、決算時に雑損または雑益に振り替え処理をします。