一括償却資産 | 取得価額が10万円以上20万円未満の資産を取得した場合の勘定科目とは

勘定科目

取得価額が10万円以上20万円未満の資産を取得したときの勘定科目は「一括償却資産」になる

取得価額が10万円以上20万円未満の資産を取得した場合の勘定科目は一括償却資産で処理します。 これは、税法上、取得価額が10万円以上20万円未満の減価償却資産については、 通常の減価償却の方法とは異なり、その資産の合計額を一括して、3年間で均等償却できるというものです。 そのため、他の固定資産を分ける場合に使用します。 取得にかかった諸費用などの金額も含めます。 また、使用可能期間が1年未満のもの、または、 1個もしくは1組の取得価額が10万円のものを少額減価償却資産で処理します。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。