開業費 | 会社の設立後、営業開始までに支払った場合の勘定科目とは

勘定科目

会社の設立後、営業開始までに支払った場合の勘定科目は「開業費」になる

会社の設立後、営業開始までに支払った場合は開業費で処理します。 ただし、備品や敷金などの資産はそれぞれの勘定科目で処理します。

よくある開業費一覧

  • 土地建物などの賃借料
  • 通信費
  • 事務用消耗品費
  • 使用人の給料
  • 発起人への報酬
  • 保険料
  • 電気・ガス・水道代
  • 印鑑や名刺の作成費用
  • チラシなどの広告宣伝費 など