開業準備費用を支払ったときの勘定科目は?

勘定科目

会社の設立後、営業開始までに支払った開業準備費用は「開業費」になる

会社の設立後、営業開始までに支払った開業準備費用は開業費で処理します。 ただし、備品や敷金などの資産はそれぞれの勘定科目で処理します。