仮払税金 | 法人税など概算で納付する税金の勘定科目とは

勘定科目

法人税など中間で概算納付する税金は「仮払税金」になる

法人税や事業税など、前年の実績などに応じて中間で概算納付する税金は仮払税金で処理します。
決算時には、確定した税額から中間納付した金額を差し引いて納税します。
その際、中間納付した金額が確定した税額よりも多い場合には、還付されます。
実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。