仮受金 | 相手勘定科目や金額が未確定の場合に現金を受け入れた場合の勘定科目とは

勘定科目

相手勘定科目や金額が未確定の場合に現金を受け入れたときの勘定科目は「仮受金」になる

現金を受け入れたとき、相手勘定科目や金額が未確定の場合に一時的に使用する仮の勘定科目は仮受金で処理します。 相手勘定科目や金額が確定したら、本来の勘定科目へ振り替えるなど精算処理を行います。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。