権利金 | 賃貸借契約の際、解約時に返還されない資金を支払った場合の勘定科目とは

勘定科目

将来解約時に返還されない資金(礼金)を支払った場合の勘定科目は「権利金」になる

賃貸契約の際、将来解約時に返還されない資金(礼金)を支払った場合の勘定科目は権利金で処理します。
そして、資産計上した権利金は、賃貸期間、または5年間で償却します。
ただし、支出する金額が20万円未満の少額なものについては、
その全額を支出時に支払手数料などの勘定科目を使用して損金処理することが認められています。