前渡金、前払金 | 内金や手付金を支払ったときの勘定科目とは

勘定科目

内金や手付金を支払ったときの勘定科目は「前渡金、前払金」になる

商品や原材料の仕入れや外注加工の依頼の際に支払った内金、手付金を、
商品の引き渡し等を受けるまで一時的に前渡金、前払金で処理します。
商品・サービスなどの給付を請求する債権としての性格を有しています。
商品やサービスの提供を受けた場合には、前渡金、前払金勘定から正しい処理科目へと振り替え処理を行います。