専従者給与 | 専従者に給与を支払ったときの勘定科目とは

勘定科目

専従者に給与を支払ったときは「専従者給与」になる

個人事業主専用の勘定科目で、配偶者などの親族の従業員に支払う給与を専従者給与といいます。
法人では、専従者として従業員を区別することはありません。
専従者給与は青色申告と白色申告とで条件が異なります。

  • 青色申告の場合

「青色事業専従者給与に関する届出書」を税務署長に提出することを条件に、その届出書に記載されている金額の範囲内で支払われた給与の全額を経費に算入できます。

  • 白色申告の場合

事業専従者が事業主の配偶者であれば86万円、配偶者でなければ専従者1人につき50万円までの給与を経費にすることができます。

 

<確定申告に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「【永久保存版】確定申告やり方ガイド!確定申告に関する疑問すべて解決

 
aoiroshinkoku