敷金・保証金 | 賃貸借契約に基づき解約時に返還される資金を支出した場合の勘定科目とは

勘定科目

賃貸借契約に基づき解約時に返還される資金を支出したときの勘定科目は「敷金・保証金」になる

賃貸借契約に基づき、解約時に返還される資金を支払った場合の勘定科目は敷金・保証金で処理します。 原則として解約時に全額返還されますが、損害等があれば一部差し引いて返金されます。 また、契約により、敷引きなどその一部が返済されない旨の定めがある場合もあります。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。