創立費 | 会社の設立登記までに支払った場合の勘定科目とは

勘定科目

会社の設立登記までに支払った場合の勘定科目は「創立費」になる

会社の設立登記までに支払った場合は創立費で処理します。 この場合には、会社の設立のときから5年以内のその効果の及ぶ期間にわたって、定額法により償却をしなければなりません。 ただし、税法上は任意償却であり、設立年度に全額償却することもできます。

よくある創立費一覧

  • 定款その他諸規則の作成費用
  • 株主募集のための広告費用
  • 株式申込証、目論見書などの印刷費用
  • 創立事務所の賃借料
  • 発起人への報酬
  • 設立事務に使用する使用人の給与
  • 証券会社など金融機関の取扱い手数料
  • 創立総会の費用
  • 設立登記の登録免許税 など