立替金 | 会社が立て替えて支払った場合の勘定科目とは

勘定科目

会社が立て替えて支払ったお金は「立替金」になる

会社が、従業員や役員、取引先等のために立て替えて支払ったお金は、立替金になります。 後日、返済される予定なので資産勘定になります。 給与で従業員が負担すべき社会保険料の支払いなどで使用します。