特許権 | 特許を取得した場合の勘定科目とは

勘定科目

特許を取得したときの勘定科目は「特許権」になる

特許法に基づいて登録された発明を、独占的・排他的に行使できる権利を取得した場合の勘定科目は特許権で処理します。
開発にかかるシステム仕様書なども含めますが、いわゆるコンテンツは含めません。
実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。

特許権の取得価額の取扱一覧

  • 他から購入 → 購入価額に含める
  • 自社で発明 → 試験研究費
  • 繰延資産処理 → 未償却残額+付随費用
  • 費用処理 → 付随費用