受取手形 | 手形で売上がでたときの債権の勘定科目とは

勘定科目

手形で売上が発生したときは「受取手形」になる

主たる営業活動である商品・製品の販売やサービス(役務)の提供などにより、 発生した収益・収入のうち、手形取引で発生した債権は受取手形になります。 なお、主たる営業活動以外で発生したものは、未収金で処理します。 実際の会計業務で、使用する頻度は高めです。