法人税、住民税及び事業税 | 決算時に、納付すべき税金が確定した場合の勘定科目とは

勘定科目

決算時に、納付すべき税金が確定した場合の勘定科目は「法人税、住民税及び事業税」になる

決算時に、納付すべき税金が確定した場合は法人税、住民税及び事業税で処理します。
なお、法人税、住民税及び事業税を総称した勘定科目である法人税等を使用する場合もあります。