貸倒引当金 | 売掛金など、将来の債権回収不能に備える勘定科目とは

勘定科目

将来の債権回収不能に備える勘定科目は「貸倒引当金」になる

売掛金など、将来の債権回収不能に備える場合は、貸倒引当金で処理します。 決算期末(決算日)に、受取手形、売掛金、貸付金などの将来の金銭債権の貸倒れに備え、 来期以降における債権回収不能の見込み額を費用として計上するための勘定科目をいいます。