貸倒引当金繰入額 | 当期に設定すべき貸倒引当金が前期末より大きい場合の勘定科目とは

勘定科目

当期に設定すべき貸倒引当金が前期末より大きい場合の勘定科目は「貸倒引当金繰入額」になる

当期に設定すべき貸倒引当金が前期末より大きい場合は貸倒引当金繰入額で処理します。
決算時の貸倒引当金の設定の際、前期に設定した貸倒引当金が残っている場合があります。
このような場合、前期に計上した貸倒引当金を全額取り崩し、当期の貸倒引当金の全額を繰り入れる洗替法と、
当期の貸倒引当金は前期末との差額分だけ貸倒引当金を繰り入れる差額補充法という2つの会計処理方法があります。
当期に設定すべき貸倒引当金が前期末に設定した貸倒引当金よりも大きい場合に使用される勘定科目が貸倒引当金繰入額です。
なお、当期に設定すべき貸倒引当金が前期末に設定した貸倒引当金よりも小さい場合に使用される勘定科目は貸倒引当金戻入益です。