未払消費税等 | 決算時に、納付すべき消費税をまだ支払っていない場合の勘定科目とは

勘定科目

決算時に、納付すべき消費税をまだ支払っていない場合の勘定科目は「未払消費税等」になる

決算時に、納付すべき消費税をまだ支払っていない場合は未払消費税等で処理します。 決算において、税抜方式を採用している場合、仮受消費税の金額の方が仮払消費税の金額の方より大きいため、 消費税を納付すべきときに使用します。 なお、仮払消費税の金額の方が大きく、消費税の還付を受けることになるときには、未収消費税科目を使用して処理をします。