雑損失 | 臨時的に損失が発生したときに使う勘定科目とは

勘定科目

営業外費用で他の勘定科目に属さないときの勘定科目は「雑損失」になる

営業外費用で他の勘定科目に属さないとき、独立した勘定科目をとるほどの金額でない場合は雑損失で処理します。
会社の場合、法人税申告書の勘定科目内訳明細書の一つに、
「雑益、雑損失等の内訳書」があり、そこに雑損失の主な内容を記載する必要があります。
そのため、雑損失の仕訳では、補助科目や摘要などを使用して、その内訳を明確にしておく必要があります。

よくある雑損失一覧

  • 現金過不足
  • 盗難による損失
  • 税金の延滞税や加算税、罰金
  • 損害賠償金
  • 生命保険の中途解約による損失 など

勘定科目について詳しく知るには

経理担当者にとって最も悩ましいことの一つが勘定科目ではないでしょうか。このガイドでは、経理を担当されている方が勘定科目でつまずくことがないよう、勘定科目を網羅的に解説しています。
経理を担当される方は、ぜひ手元に置いておいてはいかがでしょうか?

ebook_quotation_cover-small

目次

  1. 見積書から領収書まで、6つの〇〇書を徹底解説
  2. 請求書、見積書、納品書、クラウド作成ツール9選
  3. わかりやすい見積書の書き方ガイド
  4. トラブルにならない、契約書作成ポイント
  5. 契約書の印紙税を節約する3つの方法
  6. 請求書の書き方|網羅すべき6つの基本項目
  7. 領収書に添付する収入印紙の金額一覧
  8. 領収書を紛失したときの対処法5選
  9. 領収書が上様でも大丈夫|領収書豆知識30選
無料でダウンロード
無料でダウンロード