クラウド時代の法人口座の選び方! 〜Part1〜

久しぶりのブログ更新になります。

 

最近私の会社では、
を公開しました。
クラウドで会計、経理を大きく効率化して、ビジネスを経営する皆さんを支援したいと考えています。無料プランもあるので是非お試し下さい。

 

さて、自社でこんなツールをつくっているということもあり、自分たちの会社経営もクラウドで効率化したいなと思い試行錯誤しています。

オンラインのサービスやクラウドを活用して、どのように経営を効率化できるか?
これからこのブログでは、自社経営の効率化を考えていく中で得られた

会社設立・会計・経理・給与・決算・申告などについてのアイデアから、
フリーランスや中小企業の経営者の皆さまに使えるものをシェアしていきたいと思います。
まず1つ目として考えたいことは、クラウド時代の銀行の法人口座の開設についてです。
事業を法人化したり、法人を設立した当初での考えるべきことの1つが「どの銀行で法人口座を開くか」であると思います。
「法人口座なんてどこでも同じでしょ」と最初は思いますが、
法人口座を開設してはじめて
「個人の銀行口座とは解説するプロセスも、中身のサービスも全然異なる。」
ということに気付いたりします。
私自身の会社の法人口座開設の経験を振り返ってみても、
「口座開設自体も結構手間だったりするので、ちゃんと選んだ方がいい」
ということを感じました。
特にクラウド時代を生きる方にとってびっくりすることも多く、特にネットバンキングの機能(Mac対応や手数料、インターフェースなどの点において)違いも大きいので、クラウド時代の経営者には注意すべきことが多いです。
結論としては、今の時点では、一般の銀行で口座をつくり、次に楽天銀行、住信SBIネット銀行などネット系の銀行で口座をつくって、そちらをメインで利用するのが便利です。
次回から数回に渡って、自分の体験も含めて、銀行の法人口座の選び方を様々な視点から詳しく書いていきたいと思います。

感想や「こんな情報をまとめて欲しい!」などありましたら、コメント欄にお願いします。

 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは、全自動のクラウド型会計ソフト「freee(フリー)」のCFO株式会社が運営しています。
「freee(フリー)」は7月末まで完全無料です。
ご利用はこちらから。
メールアドレスとパスワードを設定するだけで、ご利用できます。