クラウド時代の法人口座の選び方! 〜Part3〜 月額基本料(口座維持手数料)と振込手数料

今日も法人口座について。
前回は開設に必要な資料をまとめてみたが、
今日は、月額基本料と、振込手数料をまとめてみようと思います。
法人口座は持っているだけで、月額基本料がかかることがある。
また個人の口座と同じように振込手数料もかかるが、その料金も銀行によって違います。
今日のまとめを読んで、既に法人口座を開設済みの方も、手数料の面においてどこで開くのが自分にとって一番オトクなのか考えて頂く参考にしていただければと思います。
今回も結論としては、ネット系の銀行(楽天・SBI・ジャパンネット銀行など)を1つ開いてそちらをメインで使い、普通の店舗を持つというのがいいと思っています。
まずは一覧表をつくってみます。
画像はクリックすると拡大してご覧頂けます。

 

赤字はその項目における最高金額、青字は最低金額。
一見しただけで、月額基本料がかからず、振込手数料も安いので、ネット系の銀行がオトクなことがすぐにわかると思います。
従来型の店舗を持つ銀行では、同行同一支店内の振込が無料ということがあるが、
実際に同行同一支店内に出会う機会は給料振込くらいしかないでしょう。
しかし、それでも、店舗をもつ銀行の法人口座をもっている価値はあると思います。
なぜなら、ネット銀行では、公共料金の引き落としに対応していないこともあります。
例えば、私が不便と感じた例を上げると、
クロネコヤマト、東京電力の引き落とし、そして社会保険料の納付など楽天銀行、住信SBIネット銀行が対応していなくて困りました。
なので繰り返しになってしまいますが、
ネット銀行をメインに、
公共料金の引き落としなどに対応するため、店舗がある普通の銀行の口座も持っているのが便利なのではないかなと思います。(機会は少ないかもしれないが、給料振込など、同行同一支店内の振込を使うときにもオトクになるでしょう。)
感想や「こんな情報をまとめて欲しい!」等あれば、コメント欄までお願いします。
最後に手数料を見られる銀行のリンクを張っておきます。

みずほ銀行
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
住信SBIネット銀行
ネットジャパン銀行
楽天銀行
りそな銀行
ゆうちょ銀行

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは、全自動のクラウド型会計ソフト「freee(フリー)」のCFO株式会社が運営しています。
「freee(フリー)」は7月末まで完全無料です。
ご利用はこちらから。
メールアドレスとパスワードを設定するだけで、ご利用できます。