クラウド時代の法人口座の選び方! 〜Part7〜 Pay-easy(ペイジー)対応

今日は、法人口座の選び方を
Pay-easy(ペイジー)対応という観点から見たいと思います。

クラウド時代の経営者にとって、Pay-easy(ペイジー)対応は必須ですよね。
ペイジーによって、振込をパソコンから簡単にしたいところです。

(*ペイジーとは、税金や公共料金、各種料金などの支払いを、金融機関の窓口やコンビニのレジに並ぶことなく、パソコンや携帯電話、ATMから支払うことができるサービスです。詳しくはこちら→http://www.pay-easy.jp/info/index.html)

今日はそのPay-easy(ペイジー)対応の各種銀行の対応をまとめました。

これをみると、ネット銀行はPay-easy(ペイジー)対応に対応していないです。

やはり、ネット銀行には手数料が安いという側面がありますが、Pay-easy(ペイジー)対応していないというのは、かなり不便なので、普通の銀行の法人口座も開いておくといいでしょう。

*△になっている楽天銀行については、
こちら→http://www.rakuten-bank.co.jp/business/transfer/pay-easy-list.html
に載っている収納機関だけに対応します。
ご覧いただけるとお分かりになると思いますが、Pay-easy(ペイジー)を使いたい税金や社会保険料などの対応が手薄です。
なのでPay-easy(ペイジー)対応についてはあまり期待しないほうがいいでしょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは、全自動のクラウド型会計ソフト「freee(フリー)」のCFO株式会社が運営しています。
「freee(フリー)」は3ヶ月間、完全無料でお試し頂けます。
ご利用はこちらから。
メールアドレスとパスワードを設定するだけで、ご利用できます。