Google Calendar で予定調整を効率化

前回はグーグルカレンダーを勤怠管理・給与計算に活かす方法を考えましたが、

今日は、自分の予定管理に便利なグーグルカレンダーですが、思い切って周囲の人に公開してしまうことで、更に便利になるということを紹介したいと思います。

1,グーグルカレンダーを共有する

まず、グーグルカレンダーを予定を合わせたい相手とお互いに共有しましょう。
共有のやり方は、グーグルカレンダーの左側から↓の印をクリックし、「このカレンダーを共有」を選びます。

この時、「予定の時間枠のみを表示(詳細を非表示)」を選んで置くことをおすすめします。こうすれば相手に予定があることは伝わりますが、何の予定なのかはわかりません。

共有すると、下の写真のように、自分のカレンダーと相手のカレンダーを同時に表示することができ、空いている時間が、一目瞭然となります。
そして、お互い空いている時間にその予定を入れましょう。

2,共有を解除する
多くの方は、自分のカレンダーをずっと共有しておくのは嫌だと思いますので、設定から解除することができます。

*共有するとき、解除するときは、右上のアイコンをクリックして行えます。

3,この方法のメリット
このグーグルカレンダーによって調整は、大きく2つメリットがあります。
1つは、お互いの予定が一目瞭然となるので、予定調整が簡単になるということです。
2つ目は、招待状機能を利用できるということです。複数人の参加が見込まれる予定のときには、招待状を送り、参加か欠席か全員に入力してもらうこともできます。

このように、自分の予定という情報を思い切って公開してしまうことで更なる便利さを追求できます。
お試しになってはいかがでしょうか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは、全自動のクラウド型会計ソフト「freee(フリー)」のCFO株式会社が運営しています。
「freee(フリー)」は7月末まで完全無料です。
ご利用はこちらから。
メールアドレスとパスワードを設定するだけで、ご利用できます。