元Google社員のGmailの使い方 Part2 〜これさえあれば大丈夫。ショートカットキー〜

63579-e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e383882013-06-1116-29-59

前回、Gmailで意外と活用されていない機能として、ショートカットとアーカイブをご紹介しましたが、
今日は、続きとしてショートカットの具体的な話をしたいと思います。

ショートカットキーはこちらで全てご覧頂けます。

しかし、こんなにあっても、覚えられない。本当に便利なのはどれなのか?
という方が多いかと思われます。
そこで、これさえあれば大丈夫というGmailのショートカットキーを紹介致します。

是非、Gmailの画面を開いて、実際にショートカットを試しながら、覚えてみて下さい。

1、受信トレイ内で便利なショートカット

スクリーンショット 2013-08-08 22.07.03

*画像はクリックして拡大してご覧頂けます。

まず、Gmailを開くと、受信トレイになります。そこでのショートカットを紹介します。

K…受信トレイの中で、選択しているスレッド(一連のメールのやりとり)を移動する際に、Kを押すと、1つ上に移動できます。画像の青い棒を、上に動かせます。
J…Kの反対のキーで、下に動かせます。

X…チェックボックスをオンにして連絡先を選択できます。その後、グループ メンバーを変更したり、プルダウン メニューから操作を選択して連絡先に適用できます。
E…選択した連絡先を現在表示されているグループから削除します。

U…スレッドを閲覧している際に、受信トレイに戻れます。

2、メールにレスポンスするためのショートカット

C…受信トレイ内で、Cを押すと新しいメッセージを作成できます。
R…スレッドを閲覧しているとき、メールに対して、Rを押すと、返信できます。
F…同様にFで転送できます。
A…同様にAで全員に返信できます。

commmand enter(windowsの場合) or ctrl enter (mac)…このキーでメールを送信できます。

3、上級編 PとN

スレッドを表示しているとき、nを押すと次のメッセージに、pを押すと、前のメッセージを選択できます。選択したらenterで、そのメッセージをご覧頂けます。

ショートカットは沢山ありますが、これさえ覚えておけば、Gmailでの作業を大幅に効率化できます。