中小企業経営者のための飲食費分類フローチャート

a0002_008021

会議費、交際費、1人以下5000円以下の飲食費の違いを説明してきましたが、
今回は、飲食費が発生したときに、分類するために、フローチャートの形でまとめました。
飲食費を使い分類に困ってしまったときは、是非このチャートを参考にして下さい。

Q1、会議費に使った

YES⇒会議費(ただし、会議費は、常識的に会議に掛かる額を超えると、会議費と認められないこともあります。例として、アルコールが提供されたり、金額の目安としては、一人あたり3000円を超える場合などが考えられます。)

NO ⇒Q2ヘ

Q2、1人当たり5000円を超えている

YES⇒交際費
NO ⇒Q3ヘ

Q3、取引先の方などビジネスに関係ある社外の人が参加していた

YES⇒損金にできる何らかの勘定科目へ損金とは何?という方はこちらをご覧下さい。
NO ⇒交際費

複雑に思える飲食費の分類ですが、Q1から順番に考えていけば、すべて分類できます。

また、更に詳しい説明が読みたいという方は、こちらをご覧下さい。
【法人向け】知っておきたい交際費と税金のお話
交際費と会議費の違いとは?

——————————————————————-
このブログは、全自動のクラウド型会計ソフト「freee(フリー)」が運営しています。