「お金の貸し借りもクラウド化?」最新海外クラウドサービス15選

クラウドサービス15選
お金の貸し借りも、採用面接も、クラウドで。

海外では、面白いクラウドサービスが続々と登場しています。
今回、経営ハッカーでは、海外で話題の15のクラウドサービスを厳選しました。

仕事の効率化、起業のアイデアとして、参考にどうぞ。


会計ソフト,freee,バナー

ランディングページの作成ツール LeadPages

ランディングページ作成ツール
様々なランディングページ用のテンプレートから、コードを書かずに簡単に、さまざまなランディングページを作成できるツール、LadPages。 WordPress や Facebook上、もしくは自分の運営するサーバー上に簡単に作成したページを置くことができる。ページはすべてモバイルに最適化されたレスポンスデザインで、コンバージョンの最適化もされている。月37ドルから利用可能。最近約5億円の資金調達を実施した。
LeadPages
参考URL

お金の貸し借りのマッチングサービス Prosper

お金の貸し借り,Prosper
お金を借りたい人と貸したい人をマッチングさせることで、よりスマートな条件でのローンを実現するサービスProsper。お金を借りたい人がリクエストを出すと、その条件で投資したい投資家がお金を貸せるという仕組み。金利はProsper が提供するスコアをもとに決定される。
prosper
参考URL

アプリの裏で発生しているエラーを管理する bugsnag

バグ,bugsnag
動いているアプリの中で発生しているエラーをトラックできるツールが bugsnag。例えば、rails で書かれているアプリであれば、gemを入れるだけで、エラーの発生や影響範囲をトラッキングできるようになる。LinkedIn も利用しているツールとのこと。
bugsnag
参考URL

カッコいいQRコードをつくろう Visualead

QRコード,visualead
QRコードの難点のひとつは、見た目が面白くないこと。こちらに目をつけたサービスがVisualead。画像と組み合わせて、ちょっとおしゃれなQRコードをつくることができる。無味乾燥としたQRコードがより魅力的に。
visualead

在庫管理のクラウド化 Stitch

stitchlabs,amazon,在庫管理
中小企業の商品の在庫管理を自動化、クラウド化する Stitch。在庫数の管理だけでなく、Amazonやshopify などのeコマースプラっとフォームと連動したり、納品書の作成を簡単に行うことができる。また、在庫の分析なども簡単に行うことができ、会計ソフトとも連携をする。
stitchlabs

即日配達のマーケットプレイス zipments

zipments,配送
小売店が商品を発送する際に即日配達を実現するためのサービスがzipments. Webまたはモバイルアプリから、配送リクエストを投げると、即日配達が可能で近くにいるネットワークの業者が仕事を受けてくれる。現在ニューヨークでサービスは展開されているが、9ドルから即日配達が可能ということだ。
zipments

社員研修のポータル Simplilearn

社員教育
Udacity, Udemy, Lynda.com など、オンラインラーニングのポータルは多数存在するが、Simplilearn は、プロジェクトマネジメントやアジャイル開発など、社員のプロフェッショナルスキルを強化したい会社向けのeラーニングのポータル。すでに75,000人のプロフェッショナルが受講したそうだ。Simplilearn は最近。10億円の資金を調達している。
simplilearn
参考URL

採用面接のクラウド化 Distill

面接,クラウド
採用面接のためのクラウドサービス Distill は、面接用のビデオチャットと、面接を管理するスケジューラーでできている。面接用ビデオチャットでは、画面共有機能やテキストエディタの共有機能があるので、候補者にその場でコーディングをしてもらったり、ポートフォリをの解説をしてもらうことが簡単にできる。また、面接担当者のスケジュールと候補者のスケジュールを簡単に調整する機能もついている。
distill
参考URL

あなたもカンタンにモバイル決済システムがつくれる

モバイル決済
QRコードをスキャンすると、モバイルから決済をできるアプリをカンタンに自分のショップのモバイルアプリに組み込めるというサービスを運営する Paydiant。POSレジと連携させることなども簡単にできるとのこと。先月、約15億円を調達している。
paydiant
参考URL

サービス業の顧客管理をモバイルに Front Desk

サービス業
顧客の予約や、レッスンへの参加などのスケジュール管理と、請求管理を一元化したモバイルのアプリ。申込書なども、電子的な署名で代用することができる。また、経費の支払いのリマインダ機能などもあり、ひとつでビジネスのバックエンドを担うことができるアプリ。
先月3.2億円を調達している。
frontdeskhq
参考URL

ログイン情報のクラウド共有 Mitro

mitro,パスワード
様々なサービスのパスワードを一元で管理し、さらにそのパスワードを同僚や友人と共有できるサービスMitro。ログイン情報を共有したいときに、実際のパスワードを相手に知られることなく共有ができ、実際にどのように使われているか(誰がいつログインしたかなど)を見ることもできる。利用は無料。
mitro
参考URL

収納のクラウド化 Clutter

収納,クラウド
置いておく場所がない荷物を預けて置くためのアプリが Clutter. 箱は無料で届けてくれて、一箱あたり10ドル/月で預かってくれる。預ける前に中身を写真にとっておけば、中身の管理もできる。預けた箱を受け取るには、1回15ドル。箱代や預け入れ代はかからない。現在、ロサンゼルスのみでサービスを展開中。
clutter
参考URL

ビジネス電話のクラウド化 SendHub

電話,クラウド
オフィスの電話機の代わりとして、ブラウザベースのwebアプリか、モバイル・アプリで電話を利用できるSendHub。ビジネス向けに特化したskypeのようなもの。場所を選ばず、ビジネス用の電話番号への電話を受けられるだけでなく、別の電話番号に転送するなどの設定もかんたんにできる。先月、約3億円の資金を調達している。
sendhub
参考URL

バグ出しのクラウドソーシング bugcrowd

バグ出し,ツール
開発したアプリのバグ出しや脆弱性調査をクラウドソーシングするマーケットプレイス bugcrowd. バグを見つけたテスターに報奨金を支払うしくみ。すでにbugcrowdは3,000人のオフィシャルテスターを抱えているそうだ。オーストラリア発の Bugcrowd は、先月約1.6億円の資金を調達した。
bugcrowd
参考URL

郵便受けをクラウド化する outbox

アウトボックス
郵便受けの鍵を渡しておけば、受け取った郵便物をすべてスキャンして保存しておき、中身をモバイルやタブレットのアプリで確認できるサービス が outbox. 現在、米国でサービスエリアを拡大中。オースチンでの実験を経て、先月サンフランシスコの全エリアのカバーを開始した。
outboxmail
参考URL

以上、海外で話題のクラウドサービス15選、いかがでしたでしょうか。
まだまだ無限の可能性があるクラウドサービスに注目です。

————————————————————————————————————-
このブログは、全自動のクラウド型会計ソフト「freee(フリー)」が運営しています。
logo