ネットショップを始める前に知りたい!10のサービスとその違い〜モールと独自サイトの違いは何?〜

netshop

ネットショップを出したいけど…

ネットショップをはじめるには、

  • モールに出店する方法
  • 独自のECサイトをつくる方法

があります。
今日は、それぞれのメリット・デメリットを整理した上で、
各モールの違いや、独自ECサイトを簡単につくれるサービスの比較も行いました。
ECにこれから参入しようと考えている方は、是非参考にしてみてください。
また「ECに興味はあるけど、まだ規模が小さいから…」と考えている方も、安くはじめられるサービスも多いですので、検討してみることをおすすめします。


モールに出店するメリットは?

モール型のサイト(楽天やyahoo)などに出店することで以下のようなメリットがあります。

  • 集客力・サポートの強さ

モールには、知名度やポイント制度などの要因から集客力があります。また、ECコンサルタントがついて教えてくれるサービスも集客力の強さにつながります。

  • サイト構築コストの安さ

一からHPをつくらなくて済むので、サイト構築コストや運営コストが安く済みます。

一方デメリットとしては以下のことがあげられます。

  • 手数料や売上ロイヤリティの存在による粗利の低下

モールに出店するには利用料等が掛かりますので、その分が売上から引かれてしまいます。

  • モール内での他店舗との競争

ECサイト全体の訪問者数が多くても、自分のページにどれだけ訪れるかは保証がありません。訪問者数を増やすには広告費を使わなくてはいけないケースもあります。
また、少し値段が高いだけで、他の店に客が流れるという可能性があります。

  • 運営していく上で様々な制約がある

販売するために、審査が必要な商品があったり、顧客の情報(メールアドレス等のマーケティングに必要な情報)を自社で管理できないなどの制約があります。
またHPのデザインも自由にカスタマイズすることができません。

ネットショッピングモールの比較

自社サイトではなく、モールのほうが気軽に始められますが、モールごとに違いがありますので、違いを抑えておきましょう。
まずは基本的な料金から。
ショッピングモール,比較表
*画像はクリックすると、拡大してご覧いただけます。
*楽天市場は「がんばれ!プラン」、DeNAは「ライトプラン」、Amazonは「大口出品」
*ポンパレモールの初期費用に関しては、問い合わせでとのこと

楽天市場

ここからはそれぞれのモールの特徴を見て行きましょう。
楽天市場
楽天市場の特徴は、きめ細かなサポートです。500人を超えるECコンサルタントを抱えており、売上を増加される方法についてありとあらゆることを教えてもらえます。
更に新規出店者は、楽天大学で、マーケティングなどについてノウハウを得ることができます。
ECで大きな売上を狙う事業者に向いています。
楽天市場は、「がんばれ!プラン」以外にも、「スタンダードプラン」「ライトプラン」「メガショッププラン」などがありますので、確認の上自分に一番あったプランを選びましょう。(がんばれ!プランは、月額料金の年間一括支払いが求められるので、初期費用として約30万円ほどかかります。)
*詳しくはこちら
またアクセス分析、売上分析といった機能が使えます。使える機能もプランによって異なります。
*詳しくはこちら

Amazon

Amazon
Amazonの特徴は、出品する品目によって販売手数料が大きく異なることです。
販売手数料については、こちらでご覧いただけます。
しかし、全体的に販売手数料が高額となっています。
Amazonの持つブランド力による売上増加と粗利の減少どちらのインパクトが大きいかを考えて、出品しましょう。

ヤフーショッピング

ヤフーショッピング
先月話題になったように、初期費用も、月額料金も、売上ロイヤリティも無料
また、モール内に自社サイトのリンクを貼れることや、顧客のメールアドレスを自社で管理できることも強みです。(これらのことは、楽天やAmazonではできません。)
しかし、これだけの好条件を揃えていれば、すぐに出店店舗数は増え、広告費を使わなくては、売上が伸びないという状況になることが懸念されます。

DeNAショッピング

スクリーンショット 2013-11-24 18.24.37

手数料などの料金面で強みがあるわけではありませんが、auやモバゲーから集客をしてきた経緯があり、モバイルのユーザーや若いユーザーにアプローチできる強みがあります。
実際、サイトを開いてみても、ファッション系、グルメ系、ヘルス・ビューティー系の商品などが目立ちます。

ポンパレモール

スクリーンショット 2013-11-24 18.22.25
比較的新しいサイトで、まだ上記のようなサイトと同レベルの集客力とはいえませんが、
旅行予約サイトの「じゃらん net」、グルメ情報サイト「ホットペッパーグルメ」といったリクルートの運営する各サービスと相互利用が可能なポイントがユーザーに付与されるようです。
つまり、リクルートの既存のサービスと親和性が高いものを販売する方々は、今からポンパレモールに出店を検討してみてもよいかもしれません。
参考までに、ポンパレモールとポイントが相互利用可能なサービス一覧を載せておきます。

  • 旅行宿泊予約サイト「じゃらん net」
  • 飲食店の情報と割引クーポンサイト「ホットペッパーグルメ」
  • 美容系サービス店舗の検索/予約サイト「ホットペッパー ビューティー」
  • ゴルフ場ネット予約サービス「じゃらんゴルフ」
  • 割引チケット共同購入サイト「ポンパレ」
  • リクルートの通販サービス「Fun★Cart」
  • 食の通販サイト「ごちまる」
  • ファッションの通販サイト「ERUCA」

ショッピングカートシステム

モールでもありませんが、自社サイトを新たにつくるほどコストを掛けずに、ECに進出できるシステムをご紹介したいと思います。
以下のサービスは、販売システムを無料や安価で使えるものです。
これらのショッピングカートシステムのメリットは、以下の3つのことがあげられます。

  • 安くサイトを構築できること

独自ドメインのサイトをつくることになりますが、これらのサービスを使えば、安く簡単にECサイトを構築することができます。

  • 売上ロイヤリティなどがかからないこと

モールと違い売上ロイヤリティが掛かるといったことはありません。

  • 独自サイトなので、モール内で埋没することがないこと

自社サイトで販売を行うので、モール内で競争するといったことはありません。(その分、自社のサイトへの訪問者数を増やす努力が別に求められますが。)

一方、デメリットは、主に1つです。

  • 集客をすべて自分でやらなくてはいけないこと

モールの知名度もなければ、マーケティングのノウハウを教えてくれるサポートもありません。そのため、自分で集客をしなくては売上は伸びません。
しかし、現在では、WEBマーケティングに関する本が多く出ていますので、それらを読んで勉強することもできますし、ビジネスマッチングサイトなどで、ECに強いコンサルタントにお願いするといった対策もとることができます。しかし、自分で集客をすべて行う分、広告等で自由度が増します。

ショッピングカードシステム比較

基本的な料金を比較すると以下のようになります。
ショップサーブだけは例外的に売上ロイヤリティが掛かります。
ショッピングカードシステム,比較
*画像はクリックすると、拡大してご覧いただけます。
*MakeShopのプランは「フリー」、カラーミーショップは「ライト」、ショップサーブは「ライト」。

MakeShop

MakeShop
GMOが提供しているショッピングカードシステム。プランを上げると充実のマーケティング機能が追加できます。SEO管理、モバイル対応、オリジナルデザインといった欲しい機能全てが簡単に使えます。

カラーミーショップ

カラーミーショップ
構築が簡単なこれらのサービスの中で最も簡単なのがこのカラーミーショップ。また1ヶ月無料で試せるので、ECをはじめるにあたり不安のある方はこのサービスからはじめてみてはいかがでしょうか。

ショップサーブ

ショップサーブ
最安プランだと、売上ロイヤリティがかかりますが、プランを上げるとかからなくなります。
また、オープンすると同時にYahoo!などの大手ショッピングモールにも商品登録がされるので、モールと並行運用したい方におすすめです。

STORESjp

STORESjp
無料プランでもできることが多いのが、特徴。月額980円の有料プランを利用すると、アクセス解析・マーケティングなどの機能を追加できます。

BASE

BASE
優れたデザインのサイトを簡単につくれることが特徴。
11月29日まで渋谷東急ハンズに出店できる権利に応募できるようです。

まとめ

モールに出店する方法と独自にサイトをつくる方法のメリット・デメリット、そして、それぞれのサービスの違いはお分かり頂けましたか?
それぞれの特徴をよく抑えた上でどこに出店するかをよく考え、ECを新たな収益源にできるようにしましょう。