フリーランスエンジニアになり青色申告の申請・開業の届出を出した話

個人事業主になったら青色申告の申請・開業の届出をだそう!

*税務署で撮った写真

青色申告,税務署

今年からフリーランスという響きに憧れ、フリーのエンジニアで食べようと独立しました。そんなこんなで、青色申告することになった僕の失敗談?を今回はお話したいと思います。みなさんのお役に立てれば嬉しいです。

*今回の記事は、フリーランスエンジニアの方の投稿になります。

ダウンロードページはこちら
クラウド確定申告ソフト今すぐ使える

青色申告するには事前の申告が必要だった

フリーランスをやる上で一番気になったのはやはり「税」。住民税、事業所税、所得税、…何がなんやら。他にも年金やら保険やら…頭が痛いです。とりあえず、少しだけ税務に詳しい知人に話しを聞いた所、青色申告と白色申告がある事を知りました。申告に関する僕の理解は以下のような感じでした。

青色申告

複式簿記をしてちゃんと経費や所得を算出して税申告をする。
65万の所得控除だったり特典がつく

白色申告

経費の管理とかはかなり大雑把でオッケー。しかし青色申告の特典がない。
最近は青色申告に関する記事もネットに落ちてるし、余裕だろう、と思ってましたた。そんな訳で正直、税務の事は考えるがめんどうだったので先延ばしにしていました。ところが、税務に詳しい知人から「青色申告は事前の申告が必要」という事を聞かされました。
急いで税務署に駆け込みました

青色申告
税務署の方に聞いたところ、個人事業を開始する方は、「個人事業の開廃業等届出書(開業届)」を、そして「所得税の青色申告承認申請書」を提出しなければならかったのです。なんとか、個人事業主として青色申告ができるようになりましたが、僕みたいにズボラな方は注意して下さい。ちなみに、届出自体は、簡単に提出することができます。

個人事業主になって青色申告するのに必要な2つの書類

開業後1ヶ月以内に「個人事業の開廃業等届出書」
開業後2ヶ月以内に「所得税の青色申告承認申請書」
を税務署に提出しなければなりません。あとで慌てないためにも独立したら、早めに出しましょう。

 

<青色申告に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「青色申告ガイド|青色申告に関する疑問をすべて解決【永久保存版】

 

経理・決算、税金の基礎についてもっと詳しく知るには

経理や決算、税金の計算は、会社を設立した以上避けては通れないもの。何から始めていいかもわからないという方は、まずはその全体像を掴みましょう。
このガイドでは初めて経理や決算を行うという方を対象に、その入門となる知識をご紹介します。経理や決算にどんな作業が必要で、税金とは具体的に何を指すのか。
このガイドでスムーズに経理業務をスタートしていただければ幸いです。

ebook_keiri_cover-small

目次

  1. 会社の経理を始めるために
  2. 法人の決算に必要なものまとめ
  3. 貸借対照表で会社の資産状況を把握しよう
  4. 損益計算書で会社の利益を把握しよう
  5. 法人のための税申告・納付まとめ
  6. 法人にかかる税金は9種類もある
  7. 税金を滞納したら、どんな罰則がある?
  8. 法人のための節約のコツ
無料でダウンロード
無料でダウンロード