個人事業主が抱えている青色申告への不安 第1位は「会計・税務知識の不足」

個人事業主_不安

個人事業主が抱える青色申告への不安

青色申告を行ったことのある、または行う予定の方で、申告に対して不安をお持ちの方に、「青色申告の準備から提出までの流れの中で、どの点が大変・不安ですか(でしたか)。」というアンケート調査を行いました。結果、青色申告への不安 第1位は「会計・税務知識の不足」でした。

ダウンロードページはこちら
クラウド確定申告ソフト今すぐ使える

【質問】「青色申告の準備から提出までの流れの中で、どの点が大変・不安ですか(でしたか)。」

【対象】青色申告をしたことのある、もしくはする予定で、申告に対して不安をお持ちの方 男女20〜60代 186名

個人事業主悩み

設立年数によって、その傾向は変わるようです。

個人事業主_年数による変化

設立1〜5年目の事業所では会計・税務知識の不足が約50%を占めているのに対し、6年目以降の事業所では、決算処理・決算書の作成に対する不安のほうが最も多いです。

また、全体的に6年目以降の事業所は、知識に対する不安よりも、仕訳・記帳や申告書類の準備など、実務的な作業への不安が多くなっています。
個人事業主は設立1年以内で4割が廃業してしまうというデータもありますので、6年目以降の事業所は事業も軌道に乗り、取引数が多くなったことにより、会計実務の負担が多くなっていることがデータから推測できます。

青色申告はいつ頃から意識し始めますか?

現在個人事業主である方に向けて、「青色申告はいつ頃から意識し始めますか?」という質問を投げかけたところ、約96%の人から申告期限の3ヶ月以内から意識し始めるという結果が出ました。

意識調査

また、1ヶ月前から意識し始めるという人が約半数です。ほとんどの個人事業主はギリギリになって準備し始めるようです。

 

<青色申告に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「青色申告ガイド|青色申告に関する疑問をすべて解決【永久保存版】

 

経理・決算、税金の基礎についてもっと詳しく知るには

経理や決算、税金の計算は、会社を設立した以上避けては通れないもの。何から始めていいかもわからないという方は、まずはその全体像を掴みましょう。
このガイドでは初めて経理や決算を行うという方を対象に、その入門となる知識をご紹介します。経理や決算にどんな作業が必要で、税金とは具体的に何を指すのか。
このガイドでスムーズに経理業務をスタートしていただければ幸いです。

ebook_keiri_cover-small

目次

  1. 会社の経理を始めるために
  2. 法人の決算に必要なものまとめ
  3. 貸借対照表で会社の資産状況を把握しよう
  4. 損益計算書で会社の利益を把握しよう
  5. 法人のための税申告・納付まとめ
  6. 法人にかかる税金は9種類もある
  7. 税金を滞納したら、どんな罰則がある?
  8. 法人のための節約のコツ
無料でダウンロード
無料でダウンロード