確定申告書をオンラインで作成!1から解説する「確定申告書等作成コーナー」の使い方

確定申告書オンラインで作成

オンラインでどこからでも確定申告ができる「確定申告書等作成コーナー」。
今日は、簡単に確定申告書Bを作成し、確定申告書を終わらせる方法をご紹介します。

ダウンロードページはこちら
クラウド確定申告ソフト今すぐ使える

自宅で申告書データを作成し、印刷して税務署郵送する

この方法は、自宅のPCなどでWebブラウザから国税庁のサイトにアクセスします。
国税庁のサイトの手順に従って申告書データを作成し、完成した申告書を印刷・郵送するやり方です。
*以下は、青色申告決算書(貸借対照表、損益計算書)が既につくられていることが前提です。

では実際に、やり方を見てみましょう。

まずは税務署のHPにアクセス

まずは、こちらにアクセスします。
e-Tax1
「書面提出」をクリックします。

PCの環境をチェック

PC環境チェック
PCの環境をチェックして、チェックボックスをクリックします。(この確定申告書作成ツールは、Macでも使えます。)

確定申告書(B)を作成

所得税
「所得税及び復興特別所得税の確定申告書」をクリックします。

申告書を選択

eTax2
青色申告をする皆様は、次に「左記に該当しない方」を選びます。

生年月日などを埋めます

生年月日等
チェックボックスをクリックし、生年月日も入力します。

所得を入力していきます

総合課税

分離課税
総合課税の部分は、すべて入力しましょう。(ないところは0と入力します。)
分離課税の部分は、損益通算したい所得がある場合にのみ入力して下さい。
参考:損益通算(国税庁)

所得控除を入力しましょう。

所得控除
各種所得控除を入力しましょう。
所得控除ってそれぞれ何をさすのか、どれくらいの金額入れられるのかわからないという方は、こちらをご覧ください。

税額控除を入力しましょう。

税額控除
参考:税額控除(国税庁)

以上で確定申告書Bが作成されます。

計算結果
これを印刷して、貸借対照表、損益計算書、減価償却費の計算書と合わせて、税務署に郵送すれば、確定申告が終了します。

あとは郵送するだけ

  • 確定申告書B(上記の操作で作成したもの)
  • 会計ソフトなどを使って作成した、青色申告決算書(貸借対照表・損益計算書・減価償却の計算書)

この2点を税務署に郵送すれば完了です。

全自動のクラウド会計ソフト freee を使って青色申告決算書を出力する方法

青色申告,決算書

会計ソフト「freee」では簡単に決算書を作成することができます。

「決算」→「決算書の作成」→「青色決算書をPDF出力」をクリックすると、決算書が PDFで出力されます。これを印刷しましょう。

確定申告書等作成コーナーはとても簡単

確定申告書等作成コーナーは難しいように思われがちですが、意外と簡単に入力することができます。

是非、今回のマニュアルを元に作成してみてください。

 

<確定申告に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「【永久保存版】確定申告やり方ガイド!確定申告に関する疑問すべて解決
 

経理・決算、税金の基礎についてもっと詳しく知るには

経理や決算、税金の計算は、会社を設立した以上避けては通れないもの。何から始めていいかもわからないという方は、まずはその全体像を掴みましょう。
このガイドでは初めて経理や決算を行うという方を対象に、その入門となる知識をご紹介します。経理や決算にどんな作業が必要で、税金とは具体的に何を指すのか。
このガイドでスムーズに経理業務をスタートしていただければ幸いです。

ebook_keiri_cover-small

目次

  1. 会社の経理を始めるために
  2. 法人の決算に必要なものまとめ
  3. 貸借対照表で会社の資産状況を把握しよう
  4. 損益計算書で会社の利益を把握しよう
  5. 法人のための税申告・納付まとめ
  6. 法人にかかる税金は9種類もある
  7. 税金を滞納したら、どんな罰則がある?
  8. 法人のための節約のコツ
無料でダウンロード
無料でダウンロード