利益準備金 | 株式配当をするときに積み立てなくてはいけない勘定科目とは

株式配当をするときに積み立てなくてはいけない勘定科目とは「利益準備金」になる

勘定科目

株主に対して剰余金の配当を行う場合、利益準備金と資本準備金の合計額で資本金の1/4を超えるまで、配当の10分の1以上を積み立てならないと定められています。
この積み立てなくてはいけないお金が利益準備金です。