有価証券評価益・損 | 有価証券の評価替を行ったときの勘定科目とは

有価証券の評価替を行ったときの勘定科目は「有価証券評価益(損)」

よくわかる勘定科目 保有している有価証券の評価替を期末においておこなった場合は、有価証券評価益(損)を用いて会計処理します。 評価額が、簿価を上回った場合は有価証券評価益を使い、下回った場合は、有価証券評価損を使います。