生命保険料控除|損する人得する人生命保険徹底解説

生命保険料控除|損する人得する人生命保険徹底解説

■控除額の上限(所得税)

控除額の上限は、旧制度では一般生命保険料控除と個人年金保険料控除がいずれも5万円(合計10万円)だったのに対し、新制度では前述の二保険に、介護医療保険料控除も含めて各4万円(合計12万円)となりました。

■得する場合

旧制度で一般生命保険料控除額が上限5万円だった人が、特約部分のみ契約変更して介護医療保険料控除が受けられるようにすると、新制度では両方の控除で上限4万円ずつ合計8万円が適用になります。

■損する場合

平成23年12月31日以前の契約は旧制度が適用されます。ただし、共済など1年更新の保険契約では、更新時に新制度適用となり、控除額が減ることもあります。

生命保険控除額
(出典:国税局)

 

<年末調整に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「年末調整ガイド|年末調整に関する疑問すべて解決【永久保存版】