同居特別障害者|特例措置についてまとめてみた

同居特別障害者|特例措置についてまとめてみた

■同居特別障害者の控除額

本人または扶養対象の配偶者、扶養親族が障害者に該当する場合には、障害者控除が適用されます。障害者控除は27万円ですが、特別障害者は40万円、特別障害者と同居しているケースでは、同居特別障害者として75万円の控除額となります。扶養対象親族に該当しない16歳未満の人も障害者控除は適用対象です。

■特別障害者とは

特別障害者とは、障害者の中でも重度の障害を持つと判定された人をいいます。重度の知的障害者や精神障害者保健福祉手帳の障害等級1級に該当する人、身体障害者手帳の1級・2級に該当する人などです。その年の12月31日の時点で、6か月以上に渡って障害によって寝たきりで、介護が必要な人も含まれます。

 

<年末調整に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「年末調整ガイド|年末調整に関する疑問すべて解決【永久保存版】

 

[sc:ebook_kyuyo ]