不動産所得|不動産の所得がある人の申告方法まとめ

不動産所得|不動産の所得がある人の申告方法まとめ

■不動産所得があれば確定申告を

不動産所得とは、土地やアパート等の不動産、航空機や20トン以上の船舶の貸し付けによって生じる所得のことです。総収入から必要経費を差し引いた額が不動産所得金額となります。不動産所得に関しては、年末調整では申告できないので、自分で確定申告を行う必要があります。

確定申告では、給与所得分と不動産所得分を合算して申告します。合算した金額から、基礎控除、配偶者控除、扶養控除等の所得控除額を差し引いた金額が、課税される所得金額となります。この課税所得金額に所定の税率を掛けたものが、所得税額です。

ただし、給与所得分の所得税については、年末調整で支払い済みなので、算出した所得税額から源泉徴収税額を差し引きます。

   

<年末調整に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「年末調整ガイド|年末調整に関する疑問すべて解決【永久保存版】

    [sc:ebook_kyuyo ]